ホームHome > 会の歴史Our History > 聖マルグリット・ブールジョワSaint Marguerite Bourgeoys > 伝記 Introducing

大きな夢をもった開拓者Dreamer and Pioneer

聖母マリアの御像を眺めた時、マルグリットは感動し、聖母マリアのように生きることを夢に描きました。
Touched by God when looking at an image of Mary, Marguerite dreamed of living a life like Mary's.

聖母は宣教のためには、旅することを決してお断りになりませんでした。マルグリットは旅する聖母に倣い、7回も大西洋を横断し、航海の船上では、恐ろしい伝染病(ペスト)に感染した人々を看病し、入植地に着いたばかりの若い女性たちのもとへ出かけ、共に生活しました。

Mary “never excused herself from any journey on which there was good to be done or some work of charity to be performed” and so Marguerite crossed the Atlantic seven times, nursed those on her ship who caught the plague and went to live with the young women newly arrived in the colony. She kept her community of Sisters uncloistered so they could go where they were needed.

おん子のご死去後、聖母は初代教会の共同体を作るためにを貸されました。マルグリットは聖母に倣い、ヴィル・マリー(マリアの町)が入植地における『初代教会』となるようにとなるようにと町の建設に力を尽くし、子供と母親に読み書き、裁縫、祈ることを教え、ソーシャルワーカー、助言者、結婚の仲人、悲しみや苦しみの中にいる人々のカウンセラーとして、入植地の人々に奉仕し、先住民の女性を修道会に迎え入れまれました。

After the death of her son, Mary helped to form the community of the first Christians; Marguerite helped to found Ville-Marie – Mary's city – to be like the early Church. She taught the children and their mothers to read, to sew, to pray. She served the colonists as social worker, mentor, matchmaker and grief counselor. She welcomed native women into her community.

こうした奉仕のはたらきから、ヴィル・マリーの人々はマルグ リットを「入植地の教育者」とたたえました。

And Ville-Marie celebrated Marguerite as “Educator of the Colony”.


© Tous droits réservés Congrégation de Notre-Dame, Montréal, Québec, Canada