ホームHome > 会の歴史Our History > 聖マルグリット・ブールジョワaint Marguerite Bourgeoys > 肖像画 Portrait

肖像画の調査
Uncovering Her True Portrait

20世紀半ばまで、コングレガシオン・ド・ノートルダム修道会のシスターも、シスターが教えた学校の生徒たちも、この肖像画は原画であると信じていました。しかし調査チームによるX線検査の結果、違う女性の姿が浮かび上がりました。
Until the middle of the 20th century, the Sisters of the Congregation and their students thought of this as the authentic portrait of Marguerite Bourgeoys.
But see what they found when the painting was x-rayed.

原画が現れるまでの作業-表層画を取除く
Work done to reveal her true portrait

作業前の肖像画
Untouched portrait.

第一層を除去した肖像画
First layer of paint removed.

第二層を除去した肖像画
Second layer of paint removed.

原画-真の肖像
The original portrait

この作品はマルグリットが死去した1700年1月12日に画家ピエール・ル・ベールによって描かれました。
This is the authentic portrait of Marguerite Bourgeoys as painted the day after her death on January 12, 1700 by Pierre Le Ber.


現在はオールド・モントリオールのボンスクール教会に隣接するマルグリット・ブールジョワ博物館に展示されています。
The original can be seen at Marguerite Bourgeoys Museum located next to Notre-Dame-de-Bon-Secours Chapel in Old Montreal.


© Tous droits réservés Congrégation de Notre-Dame, Montréal, Québec, Canada