ホームHome > 会の歴史 > 聖マルグリット・ブールジョワ > 生涯 (Timetable)

マルグリットの生涯 主な出来事

1620 年4月17日
April 17, 1620

フランスのトロワで生を受ける。
Born in Troyes, France.

1640年10月7日
October 7, 1640

「神様が私に触れられた」 と感じる。その瞬間から、神に応えるための生き方を探し始める。
“I felt God touched me” - begins searching for a way to respond.

1653年11月16日
November 16, 1653

サン・ニコラ号の浸水事故があり、3ヶ月間に亘る大西洋航海を経て、ヴィル・マリーに到着する。
She arrives in Ville-Marie after three months on the leaky ship St. Nicolas.

1658年4月30日
April 30, 1658

モントリオールの創立者の一人であるポール・ショムデイ・ド・メゾンヌーヴ氏が与えた石造りの家畜小屋を改修し、モントリオールで最初の学校を開く。
She opens Montreal's first school in a stone stable donated by Paul Chomedey de Maisonneuve, Co-Founder of Montreal.

1658年-1680年
1658-1680

三回の渡仏
She makes three trips back to France:

1671年
1671

ルイ14世は、マルグリットが創始した会の「在俗修道女たち」が新しいフランス全域で教師として働く許可を与える。6人の新しい仲間を連れてカナダに戻る。
King Louis XIV approves her “secular sisters” as teachers throughout New France. Marguerite comes back with six companions for her community.

1675年
1675

1655年に建設を開始したボンスクール教会(よき助けの聖母教会)がついに完成する。
Our Lady of Bon Secours Chapel begun by Marguerite in 1655, is finally completed

1676年
1676

ド・ラヴァル司教がマルグリットと仲間たちに「コングレガシオンの在俗姉妹」という共同体を作る許可を与える。
Mgr. de Laval authorizes Marguerite and her companions to form a community known as “Filles séculières de la Congrégation.”

1698年6月24日
June 24, 1698

生涯を神のため、人々のための奉仕に捧げることを、仲間たちと共に神に誓う。(修道誓願宣立)
…With her Sisters, vows her life to God and the service of God's people.

1700年1月12日
January 12, 1700

モントリオールにて死去。モントリオールの人々から「聖女」マルグリットと呼ばれる。
Marguerite dies in Montreal - city names her “Saint Marguerite.”

1982年10月31日
October 31, 1982

教皇ヨハネ・パウロ2世により列聖され、世界の聖女と公認される。
She is canonized by Pope John Paul II - now she's a saint for the world!

現代
Today

コングレガシオン・ド・ノートルダム修道会のシスターとアソシエートたちが世界中で奉仕を続ける。
Her Sisters and Associates continue to serve all over the world.


© Tous droits réservés Congrégation de Notre-Dame, Montréal, Québec, Canada